木の目利きと家の専門家が
選りすぐりの栃木の檜で建てた住まい

良い家を建てるには、3つのことが必要です。
一つ目は、地元で産出された良い素材で作ること。
二つ目は、建築地の気候、風土、災害、地盤といった条件をしっかりと把握し、安全と快適を実現できる設計であること。
三つ目は、栃木県内で親せきや友人が家を建てる時に、
「この人に相談すればいい」と言える腕の良い安心できる建築業者と出会うこと。

栃木県木造住宅協同組合なら、その全てにお応えします。

栃木の木で建てる家

WEB Style House

各モデルプランの間取り・仕様・価格などをご覧いただけます

バーチャル展示場では「栃木の木の家」のモデルプランを
360°映像でリアルにご体感いただけます。

「スーパー・ストロング・フレーム」構法

巨大地震や台風などの天災から
家族の安全を守る 強い構造体

栃木の木で家を建てましょう
栃木県補助金情報

強度と耐性を兼ね備え
栃木の風土に適する
厳選された
栃木の檜を使った
上質で頑丈な家

優れた素材
栃木の檜

栃木県は八溝、高原、日光、南部渡良瀬流域の4つの林山地を持つ森の県。
栃木の木の家は、豊富な資源の中から、選りすぐりの檜を採用しました。

建築材としての
栃木の木

当組合では、組合内で育てた人工林で檜を育て、それらを住宅の建材として用います。檜には様々な効能がありますが、建材としてもとても大きな魅力を兼ね備えています。

栃木県木造住宅
協同組合について