栃木県木造住宅
協同組合について

我々、栃木県木造住宅協同組合は、栃木県内における木造住宅の振興を目的とした集団であります。
栃木県は全国的に見ても広大な山林を有し、良質な木材が採れる地域でもあります。
そこで、我々はその良質な栃木県産材を「住宅」という形で活用することで、広く栃木県産材の素晴らしさ、
木造住宅の素晴らしさを全国的に伝えることを目的としております。

理事長ごあいさつ

「栃木の木の家」マイホーム・ギャラリーを開設

栃木県木造住宅協同組合は、住宅や木材関連産業は地域に根差し、地産地消を基本とすべきであるというコンセプトに従い、県内の林業者、製材業者、木材加工業者、流通業者及び木造住宅建築業者が集まり設立した組合です。
その目的を、栃木県の木造住宅のより一層の良質化、栃木県産材の利用促進及び地域木材関連産業の振興とし、人材育成をはじめとして様々な活動に取り組んできています。

この度、これらの活動の一環として、「栃木の木」と「栃木の木を使った住まい」の良さをより多くの皆様に知っていただくための場、「栃木の木の家マイホーム・ギャラリー」を開設いたしました。

「栃木の木の家マイホーム・ギャラリー」は、皆様がわざわざ足を運ばなくても、スマートフォンやパソコンで家づくりのヒントや木について学べる場であり、皆様の家づくりに間違いなくお役にたてると自負しております。
北関東地域の気候風土やライフスタイルを知り尽くした企業集団だから提案できる「これからの住宅の姿」、「栃木の木の特徴と長所」そして「家づくりのヒント」や「補助金や資金面の工夫」まで、地元の皆様のための情報を掲載しています。 是非、ご覧になってください。

何故、栃木の木を使用するのか

栃木の木を使用する理由として3つ挙げられます。
一つは、栃木の大半の森が、植林から60年以上を経過し、伐採期になったことです。再生可能な資源であり、積極的な利用が望まれます。また、伐採期に、利用せずに放置すれば、森の荒廃となり、倒木を生み、流木による河川の氾濫の原因にもなります。利用により森の健全な循環を維持する必要があります。
二つ目は、ウッドマイレージ。海外や他の地域の産出材には、長期の輸送が必要であり、県産材に比べ、多くのエネルギーを要し、Co2の排出量も増大します。地球環境の視点からも、県産材の利用が望まれます。
三つ目は、サプライチェーンの問題です。今回のコロナ禍のマスク不足でもはっきりしましたが、コストだけを優先し、素材や部品をすべてを国外に依存するのは長期的に危険です。地産地消によりサプライチェーンを短縮し、気候変動や災害があっても生活を維持できるようにするという考えが重要です。

栃木県木造住宅協同組合 理事長 須藤 幸春

栃木県木造住宅協同組合
について

団体名
栃木県木造住宅協同組合
所在地
〒327-0513 栃木県佐野市牧町315
設立年月日
1994年12月15日
理事長
須藤 幸春
電話番号
0283-85-9432
設立趣旨
栃木県の木造住宅のより一層の良質化
栃木県産材の利用促進
地域木材関連産業の振興
組合参加企業
県内に本店もしくは主要な拠点を持つ林業者、製材業者、木材加工業者、流通業者及び木造住宅建築会社
合計 12社
主要な活動
人材関連事業
情報交流
マイホーム・ギャラリー事業
組織図

マイホーム・ギャラリー
掲載内容

モデルホームの紹介
①VRによる内覧
②プラン
③仕様
④本体価格

北関東住環境研究所

北関東住環境研究所は、北関東の気候や風土からライフスタイル、生活習慣までを調査・研究し、「地域性に適した木造住宅」を設計・提案することを目的に設立いたしました。
併せて「家づくりの基礎知識やヒント」を地域の皆様にお知らせすることや「大学との共同研究」といった地域に貢献する活動を進めています。
その主な業務としては以下の通りです。
①北関東の地域性に合った木造住宅の設計・提案
②北関東の気候、風土、地盤、ライフスタイル、生活習慣等の情報収集と調査研究
③家づくりの基本知識やヒントに関する情報発信
④大学等との共同研究

良い家を作るのに
大事な3つのこと

  • 地元で産出された
    良い素材で作る

    意外にも知られておりませんが、栃木県は全国的に見て質の良い木材が採れる県であります。良い木造住宅を建てるには良い木材が欠かせません。
    当組合では栃木県で採れた良質の木材を使用し、家づくりをして頂きたいと考えております。

  • 安全と快適を
    実現できる設計

    当組合には、栃木の木材の仕入れから設計・施工まで長年経験値を積んだ企業が加盟しており、栃木県で300年以上にわたり木材商を営んでいる企業もおります。そうした先人たちが培ってきた知見と経験値を活かし、栃木県の気候風土などの特性に適した、長く住みやすい家づくりを実現します。

  • 腕の良い
    建築業者と出会う

    当組合では、「良い家づくり」のため、お客様と加盟企業の出会いの場を創出しています。
    腕の良い安心できる建築業者と出会うためには、直接お話する機会を設けることが重要と考えております。
    まずは相談するだけでも、今後の家づくりにおいて安心できるかもしれませんので、お気軽にお問い合わせください。

渡良瀬川流域構想について

林業の6次産業体制の強みを活かした地域環境への貢献

当組合の拠点は栃木県佐野市を中心にしており、渡良瀬川という延長約110㎞の一級河川が流れております。
この地域は栃木県内でも「県南林業地」という位置づけになり、面積は約3,300haにもなる広大な林業地があります。そこで、当組合はこの地位を中心にして山林の買い付けから伐採、そして木材の加工から出荷までを一気通貫して担うという全国的に見ても珍しい林業の「6次産業化」に取り組んでまいりました。
こうした取り組みは世界的な視野で鑑みても、SDGsの価値観に基づいたものであります。昨今着目される「持続可能な」素材として木材を提供する当組合の取り組みを今後も注目していただけますと幸いです。

林業の6次産業化
渡良瀬川流域構想

SDGsへの取り組み

SDGs達成目標・活動目標への
貢献

当組合員企業のSDGs活動をご紹介します。

『とちぎSDGs推進企業事業』において当組合が推進企業として登録されました。

とちぎSGDs推進企業 登録マーク

「とちぎSDGs推進企業登録制度」とは、国際社会において、SDGsでは、経済・社会・環境をめぐるさまざまな課題に対し、すべての関係者の取り組みが求められている中、栃木県として「経済」「社会」「環境」の3側面の取り組み及び目標が設定され、取り組みを行っている企業に対し登録を行う制度をいう。

組合員について

地域に密着した
サプライチェーンの構造

地域に密着したサプライチェーンの構造
渡良瀬森林開発株式会社
栃木県佐野市牧町315番地
渡良瀬林産株式会社
栃木県佐野市岩崎町3000-1
エヌケーケー株式会社
栃木県佐野市牧町315番地
ミツワ物流株式会社
栃木県佐野市伊勢山町1439-1
篠崎木工株式会社
栃木県佐野市大橋町1366番地
株式会社タツミ
【北関東工場・北関東営業所】
栃木県日光市猪倉3588-1
有限会社板橋工務店
栃木県佐野市韮川町300
有限会社福田工務店
栃木県佐野市多田町2190
株式会社ミツワハウステック
栃木県佐野市植野町1953-1
梅澤畳工業株式会社
栃木県佐野市大橋町3240-3
有限会社渡邊コンクリート工業
栃木県塩谷郡高根沢町大字宝積寺2337-21
コンチネンタルホーム株式会社
栃木県佐野市大町2979-1
大谷石産業株式会社
栃木県宇都宮市田野町318-3
コンチネンタルホーム不動産株式会社
栃木県宇都宮市中今泉3丁目1-39

外国人労働者について

ベトナム・中国より外国人技能実習生を迎えております

詳しくはお問い合わせください。

バーチャル
展示場