スーパー・ストロング・フレーム構法

強さと確かさと
優しさを求めた

「スーパー・ストロング・フレーム」構法
(SSF構法)

国産檜集成材×ハイブリッドモノコック構法×ストロング接合金具でつくる
強い構造体が、巨大地震や台風などの天災から家族の安全を守ります。

「スーパー・ストロング・フレーム」構法
(SSF構法)の
強さの秘密

檜集成材へのこだわり

日本の風土に合った国産材、とりわけ檜は建築に適した素材として古くから使われてきた建材です。無垢でも強い檜を集成材化し、さらに強度をアップ。頑強な家を支えます。

ハイブリッドモノコック構造

「柱」で支える木造軸組の長所でもあり、欠点でもある「筋交い」に替わるものとして、構造用の合板を使用。地震の揺れや台風などの横からの力を「面」で受け止めて分散させ、高い耐震性能を実現します。

ストロング接合金物による接合

木造軸組工法(在来工法)で弱点となる木材の断面の欠損を減らし、接合金物でしっかりと繋ぐことで接合部を強化。熊本地震級の地震に負けない強さを実現します。

ハイブリッドモノコック構造

「柱」で支える木造軸組と「面」で支える2×4工法の
両方の長所を合わせ持つ、地震に強い構造体

  • 木造軸組工法

    「柱」で支える構造

    ・設計自由度が比較的高め
    ・将来増改築がしやすい
    ・窓などの開口部が広くとれる

  • 2×4工法

    「面」で支える構造

    ・地震や台風に強い
    ・気密性・断熱性に優れている
    ・工法の標準化で品質が安定

木造軸組工法と2×4工法のそれぞれの長所を融合

ハイブリッドモノコック構造

耐力面材で
床と壁を一体化

外力を分散させ、圧力やねじれに
強い剛性を発揮します。

ストロング接合金物による接合

木造の建物は木と木をつないで家が造られています。
だからこそ、接合する部分が重要です。

ハイレベルな施工を実現する、精度と耐久性

木造軸組工法の弱点である断面欠損を補うために開発された「ストロング接合金物」による接合で、巨大地震にも負けない強い家を支えます。金具には防錆性の高い新溶融メッキを採用。優れた耐食性で安心・安全を高めます。

断面の欠損を減らし建物を頑強に

木造軸組工法(在来工法)の接合方法である「仕口」や「継ぎ手」では、木材を特殊な形状に削り取って組み合わせていくため、どうしてもその部分が構造として弱くなり、耐震性に不安が残ります。
SSF構法では、頑強な檜集成材を専用の接合金物でしっかりと繋ぐ「金具接合工法」を採用。

断面欠損を最小限に抑え、木の本来の強さを最大限に発揮します。

  • 在来工法

    加工の際の欠損が多い
    =強度が下がる

    木を大きく欠き込むため、構造上の欠点となっていました。

  • SSF(スーパー・ストロング・
    フレーム)構法

    金具とボルト部分のみの加工
    =木材本来の強さを発揮

    12㎜のボルト穴が通るのみなので、欠損を最小限にできます。

バーチャル
展示場